いざお金が必要になった時の為にも借金はしない方が得策

いざお金が必要な時に困らないように借金は出来る限りしない方がいい

money

人生でもっともお金が必要になるのが、マイホームの購入ではないでしょうか。マイホームを購入する場合、その物件が新築か中古住宅かによっても、かかってくる費用はまったく違います。その時にもし消費者金融から多額のお金を借りていたりすると審査にも影響がでますし最悪お金が借りられないという事態も考えられるのです。たとえば、新築住宅のチラシで2000万円の物件が出ていたとします。この2000万円という価格には、ローンの金利が含まれていません。もちろん、現金で購入できる場合には、ローンを組む必要はありませんが、そうでない場合、金融機関などでの借り入れが必要となることでしょう。ローンを組むとなると、利率によって、その返済額は膨らんできます。最近では低金利政策によって利率も下がっているとはいえ、利息もばかになりません。複利効果で、返済期間が長くなればなるほど、返済額も増えていきます。そのため、価格2000万円の住宅でも、さらに数百万円を上乗せして考えるべきではないでしょうか。さらに、ローンの利息だけでなく、毎年かかる固定資産税の出費も考えなければなりません。これは住宅そのものの価値と、土地の価格によって変わってくるものの、新築の場合だと、一年で数十万円の出費を見込んでおかなければならないでしょう。それでは新築よりも、中古住宅のほうが有利なのでしょうか。木造の中古住宅の場合、法定耐用年数が22年と定められています。そのため築22年以上の住宅になると、家の価値がゼロに近づいていきます。そのため、固定資産税の点では、新築よりもずいぶん出費を抑えることができます。また、新築住宅と比べて、中古住宅は、広告宣伝費などが価格に含まれていないとも言われています。そのため、最近では中古住宅をリフォームする人も増えてきています。一方で、中古住宅のデメリットは、改修などのコストがかかることです。とくに床下や天井などには、目に見えないいたみがあるケースもあります。そのため、中古住宅を購入する際には、専門家と入念にチェックする必要があるでしょう。

資産運用におけるレバレッジ効果を考える

資産運用は多くの方にとって大変重要な問題はとなります。常に多くの問題をはらみながら経済は成熟していきます。普段から多くの事を楽しんで学んでいく事でより素敵な資産運用や経済に関する楽しみを満喫していく事ができます。しかし、多くの方にとって大変素敵な働き方を行って、収入を得て、その収入をどのように自分に対して還元を行っていくかは大変重要な問題となります。資産運用には不動産や金融商品等、大変多くの選択肢の中から自分らしい素敵な金融商品を楽しんでいく事で楽しい時間を楽しむ事ができます。為替等を楽しんでいく事で素敵な時間を楽しんでいけます。毎日の変動が当然ですので、株価にしろ為替にしろその時々の変動をいかに上手く活用していくかは大変重要な問題となっていきます。素敵な自分らしさを楽しんでいく事で快適な自分らしさを楽しんでいく事ができます。お金を借りられるところは今では銀行や消費者金融などが発行するカードローン利用すれば比較的簡単です。ですが、為替ならばFX、株式なら信用取引等高度なレベレッジを使って収入を得る事を得る事ができます。普段の自分の生活を楽しんでいく事でどんどん多くの事を自分らしい資産形成に関する審美眼を楽しんで磨いていく事ができます。普段の自分を楽しんでいくにはこのような自分らしさを楽しんでいく事でより高い収益性を上げる事を考える事が大変重要な事となります。レバレッジ効果は大変多くの経済的メリットを貴方に与えてくれます。長い人生において勝負を賭けるタイミングは限られています。大きな相場の時に大きな勝負をかける事が資産運用や投資に勝つ人間の方の特徴です。普段の自分をもっと楽しんでいく事でより高い収益を上げる事ができます。是非、楽しんで投資の世界を楽しんでいきましょう。レバレッジは時に大変大きな効果もありますが、時には大きな損失を貴方にもたらす事もあるのです。このような点を考えて素晴らしい時間をどんどん過ごしていきましょう。収益を上げる事を楽しんで行ければどんどん自分の知識を蓄えていく事ができます。素晴らしい人生において楽しい時間は大変重要な事となります。

 

ストレスお金を貯めるには固定費を見直そう

お金を貯めることを考えるときに節約を考える人は多いでしょう。節約は少しでも安いものを買ったり、こまめに電気を消すことをイメージするかもしれません。しかし、これらは努力の割には節約効果はあまり期待できません。少ない労力で大きな節約効果を得ようと思ったら固定費を見直すことです。
固定費とは毎月必ずかかる支出のこと。具体的には家賃や保険料、通信費などです。固定費は見直すときには手間がかかりますが、一度見直せばその後は何もする必要がありません。例えば毎月20,000円払っていた保険料を見直して毎月10,000円に減らすことができたら、年間120,000円も節約できるんです。大変なのは見直すときだけで、その後は何もする必要はありません。非常に効果が高いんですね。次に具体的に見直していきたい支出を紹介します。
まずは保険料です。医療保険やがん保険はある程度の預貯金があれば加入する必要はありません。高額医療費制度があり、どんなに医療費がかかっても毎月支払う額には上限があるからです。生命保険も必要以上に加入している可能性があります。国民年金を収めていて、一定の要件を満たせば遺族年金を受け取ることができます。これを考慮に入れたり、働いて収入を得ることを想定すれば、保障額を見直すことができるでしょう。あくまでも保険は万一のために準備するもの。それで家計を圧迫してしまっては意味がありません。
その他では通信費なども見直すべき支出です。家族全員がスマートフォンを持てば、かなりの支出になります。4人家族で一人当たり月6,000円とすると、毎月24,000円、年間288,000円もかかります。これを格安SIMにして、一人当たり月3,000円に減らせれば、月12,000円、年間144,000円も節約できることになります。見直すときは少し大変だと思いますが、食費を節約することに比べればかなり大きい節約効果が見込めますよね。
このように固定費を見直すことで、少ない労力で大きい節約効果が期待できます。ぜひお試しください。