麻布式!学資保険の選び方とおすすめの生命保険についてFPに聞いてみた!

今や学資保険や生命保険は必要不可欠です。
結婚を機に旦那も生命保険に入っていなかったのもありますし、義母が進行性の癌で半年で亡くなられたのもあり、夫婦共々癌家系なのもあり、生命保険と医療保険に入ろうという話になりました。

school

学資保険、生命保険自分の家庭に合った保険を選ぶ重要性

さっそくネットで調べて自宅に来て貰い、自分達にあった生命保険や医療保険を相談しました。
昔、付き合いで入った生命保険や医療保険で、その頃20代前半なせいあり、知識も無く、かなりボッタクられて2年くらい払い続けて妹に払いすぎだと言われ、解約した事もありました。

1度ネットで申し込んだ時に来て下さったファイナルプランナーの方の印象が悪く、結局入らず仕舞いで慎重になってました。
来られた方は女性で話しやすく、ファイナルプランナーの方は色んな保険会社を紹介して下さるので、1社に絞らず色んな会社を見比べさせて貰いました。

でも私は2年半ほど前に高度異形成で手術をしてる為、入れる保険会社が少なく、手術日や、最終検査日を調べて欲しいとの事で何度か手術を受けた病院に足を運びました。
CMでは簡単に、且つ休めで入れると歌ってますが、そんな事はありませんでした。年齢がいけば行くほど保険の値段も上がる事を知りました。

もう40歳ですし、癌で手術も受けてます。
でも、義母が癌の時に治療費がかなりかかって、ちゃんとしたお葬式が出来なかったので、家族に迷惑かけたくない気持ちがあります。

旦那は至って健康で、保険も選びたい放題でした。そこから吟味して、癌を重視した保険に入りました。
私が高度異形成になった時、府民共済に入っていたのですが、電話対応ですし、直接保険会社の顔を見て説明を受けたいと思いましたし、下りたお金も知れてました。
なので解約しました。

それで色々ネットで調べて、ファイナルプランナーの存在を知りました。
健康なのが1番ですが、人生何が起こるか分からないですし、これから体にガタが出始める頃なので保険は入らないと何かあった時に困ります。今、掛け捨てなので、もう少しゆとりが出来たら貯蓄型の保険に変えようかと旦那と話して
いました。このご時世、年金もまともに貰えるか分からないですし、貯蓄型だと安心して生活が出来ると思います。

ssd

学資保険に入る際には返戻率ももちろん大切ですが、何よりしっかりと自分の家庭に合った学資保険に入る必要があります。

学資保険の専門サイトには下記のように記されています。

ソニー生命の学資保険は返戻率が他社と比べて非常に高いです。

プランは3つありますが、無配当Ⅲ型が最も返戻率は高いです。18歳までの払込期間で返戻率は110.3%、10歳までの払込期間では返戻率は115.9%にもなります。この返戻率の高さは、保険料値上がりした今、非常に大きな魅力となっています。

また米ドルで学資保険金を備えることもできます。保険料を円で払って、満期金や祝い金はドルで受け取ることができるのです。
出典:学資保険返戻率ランキング2017~今1番高いのはコレ!【最新版】

このことからも、ソニー生命の学資保険の返戻率の高さ、そして学資保険の返戻率について分かります。

また、学資保険に入らずに生命保険に加入するという事も可能です。

お葬式は豪勢にしなくても良いのですが、やはり癌と診断された時の支給金は必要です。

なので今回契約した方に出会えて凄く良かったと思っています。健康にこしたことはないですが、万が一の為にも保険は大切です。

我が家は子供一人の3人家族で結婚した年に生命保険。子供が生まれた年に学資保険に入りました。

家庭によって必要な最適は学資保険は異なる

そのほかは自動車の任意保険くらいです。生命保険に関しては妻にまかせっきりで何も口出しすることはなかったのですがある日月々の保険料を聞きびっくりいたしました。我が家は共働きでとくに収入も多いわけではなく普通よりもやや劣るくらいでとても裕福とはいえません。ですがその保険料が私の給料の2割近くそのほか家の賃貸料や水道光熱費など考えますとゾッといたしました。あまり貯金が出来ないとは聞いてはいましたが保険料にそこまでかけていたとは本当に驚きです。

子供が高校に行けばお金もかかりますし、麻布高校など名門に入ればさらにお金が必要になります。よって学資保険は絶対に必要だと言わざるを得ないでしょう。

しかも掛け捨ての保険でしたので納得もいかないことから保険の担当者とアポを取り自宅までいらしていただき保険料をもういちど見直し検討いたしました。保険の話とはだれもが思うようにわかりづらく納得するのにとても時間がかかります。聞き流してさっさと終わらせてしまいたいのが本音です。しかし今回はそうは行かないのでこちらで聞きたいことは率先して聞き出しわからないことは説明していただきました。順序だって説明を聞くとそれなりに理解できるものですね。保険料は半分くらいになり積み立て型に変更。1社の保険ではなく2社に振り分けて保障内容もほぼ変わらないものとなりました。もちろん保険料が下がった分補償額が少し下がりました。

これは当然のことなのでもしもの時の保障はしっかりと受けられるように調整しました。今思うとまだ無駄なオプションがあったかなと思っておりますが保険料が支払い可能範囲だったので今も継続しています。このおかげで子供を授かった時に即。学資保険に入りました。この先の心配は自分のことよりもやはりこどもの学費を含め手が離れるまでは何とか不自由のないようにしてあげたいので。もしもに備えることとしました。学費も私が学生のころよりも国が面倒を見てくれるようになって来ましたが大学までとなるとまだまだお金の面では安心できません。心配のほうが大きいです。ですので。自分の保険を削ってでも子供に回すほうが良いと思っています。

もっと収入が多いとこんなことは考えずにすむのですが中々そうはいきません。また車を所有しておりますので任意とはいえこちらももしもに備えて欠かすことの出来ない保険です。事故をしたことがないのでただ払っているだけの印象ですが妻は安心を買っているのだからとポジティブなことを言ってくれます。保険とは何もない時には疑問だらけで本当に必要なのか考えさせられますが。

いざ保険を使わなければならなくなった時にはきっとそれまでの努力が報われるのだろうと言い聞かせながらこれからも保険料を払い続けることになりそうです。

学資保険は非常に重要かつ、絶対に必要なものなのかもしれませんね。

いざお金が必要になった時の為にも借金はしない方が得策

いざお金が必要な時に困らないように借金は出来る限りしない方がいい

money

人生でもっともお金が必要になるのが、マイホームの購入ではないでしょうか。マイホームを購入する場合、その物件が新築か中古住宅かによっても、かかってくる費用はまったく違います。その時にもし消費者金融から多額のお金を借りていたりすると審査にも影響がでますし最悪お金が借りられないという事態も考えられるのです。たとえば、新築住宅のチラシで2000万円の物件が出ていたとします。この2000万円という価格には、ローンの金利が含まれていません。もちろん、現金で購入できる場合には、ローンを組む必要はありませんが、そうでない場合、金融機関などでの借り入れが必要となることでしょう。ローンを組むとなると、利率によって、その返済額は膨らんできます。最近では低金利政策によって利率も下がっているとはいえ、利息もばかになりません。複利効果で、返済期間が長くなればなるほど、返済額も増えていきます。そのため、価格2000万円の住宅でも、さらに数百万円を上乗せして考えるべきではないでしょうか。さらに、ローンの利息だけでなく、毎年かかる固定資産税の出費も考えなければなりません。これは住宅そのものの価値と、土地の価格によって変わってくるものの、新築の場合だと、一年で数十万円の出費を見込んでおかなければならないでしょう。それでは新築よりも、中古住宅のほうが有利なのでしょうか。木造の中古住宅の場合、法定耐用年数が22年と定められています。そのため築22年以上の住宅になると、家の価値がゼロに近づいていきます。そのため、固定資産税の点では、新築よりもずいぶん出費を抑えることができます。また、新築住宅と比べて、中古住宅は、広告宣伝費などが価格に含まれていないとも言われています。そのため、最近では中古住宅をリフォームする人も増えてきています。一方で、中古住宅のデメリットは、改修などのコストがかかることです。とくに床下や天井などには、目に見えないいたみがあるケースもあります。そのため、中古住宅を購入する際には、専門家と入念にチェックする必要があるでしょう。

資産運用におけるレバレッジ効果を考える

資産運用は多くの方にとって大変重要な問題はとなります。常に多くの問題をはらみながら経済は成熟していきます。普段から多くの事を楽しんで学んでいく事でより素敵な資産運用や経済に関する楽しみを満喫していく事ができます。しかし、多くの方にとって大変素敵な働き方を行って、収入を得て、その収入をどのように自分に対して還元を行っていくかは大変重要な問題となります。資産運用には不動産や金融商品等、大変多くの選択肢の中から自分らしい素敵な金融商品を楽しんでいく事で楽しい時間を楽しむ事ができます。為替等を楽しんでいく事で素敵な時間を楽しんでいけます。毎日の変動が当然ですので、株価にしろ為替にしろその時々の変動をいかに上手く活用していくかは大変重要な問題となっていきます。素敵な自分らしさを楽しんでいく事で快適な自分らしさを楽しんでいく事ができます。お金を借りられるところは今では銀行や消費者金融などが発行するカードローン利用すれば比較的簡単です。ですが、為替ならばFX、株式なら信用取引等高度なレベレッジを使って収入を得る事を得る事ができます。普段の自分の生活を楽しんでいく事でどんどん多くの事を自分らしい資産形成に関する審美眼を楽しんで磨いていく事ができます。普段の自分を楽しんでいくにはこのような自分らしさを楽しんでいく事でより高い収益性を上げる事を考える事が大変重要な事となります。レバレッジ効果は大変多くの経済的メリットを貴方に与えてくれます。長い人生において勝負を賭けるタイミングは限られています。大きな相場の時に大きな勝負をかける事が資産運用や投資に勝つ人間の方の特徴です。普段の自分をもっと楽しんでいく事でより高い収益を上げる事ができます。是非、楽しんで投資の世界を楽しんでいきましょう。レバレッジは時に大変大きな効果もありますが、時には大きな損失を貴方にもたらす事もあるのです。このような点を考えて素晴らしい時間をどんどん過ごしていきましょう。収益を上げる事を楽しんで行ければどんどん自分の知識を蓄えていく事ができます。素晴らしい人生において楽しい時間は大変重要な事となります。

 

ストレスお金を貯めるには固定費を見直そう

お金を貯めることを考えるときに節約を考える人は多いでしょう。節約は少しでも安いものを買ったり、こまめに電気を消すことをイメージするかもしれません。しかし、これらは努力の割には節約効果はあまり期待できません。少ない労力で大きな節約効果を得ようと思ったら固定費を見直すことです。
固定費とは毎月必ずかかる支出のこと。具体的には家賃や保険料、通信費などです。固定費は見直すときには手間がかかりますが、一度見直せばその後は何もする必要がありません。例えば毎月20,000円払っていた保険料を見直して毎月10,000円に減らすことができたら、年間120,000円も節約できるんです。大変なのは見直すときだけで、その後は何もする必要はありません。非常に効果が高いんですね。次に具体的に見直していきたい支出を紹介します。
まずは保険料です。医療保険やがん保険はある程度の預貯金があれば加入する必要はありません。高額医療費制度があり、どんなに医療費がかかっても毎月支払う額には上限があるからです。生命保険も必要以上に加入している可能性があります。国民年金を収めていて、一定の要件を満たせば遺族年金を受け取ることができます。これを考慮に入れたり、働いて収入を得ることを想定すれば、保障額を見直すことができるでしょう。あくまでも保険は万一のために準備するもの。それで家計を圧迫してしまっては意味がありません。
その他では通信費なども見直すべき支出です。家族全員がスマートフォンを持てば、かなりの支出になります。4人家族で一人当たり月6,000円とすると、毎月24,000円、年間288,000円もかかります。これを格安SIMにして、一人当たり月3,000円に減らせれば、月12,000円、年間144,000円も節約できることになります。見直すときは少し大変だと思いますが、食費を節約することに比べればかなり大きい節約効果が見込めますよね。
このように固定費を見直すことで、少ない労力で大きい節約効果が期待できます。ぜひお試しください。

本当にお得なお金の使い方を知っている人は限られる!

両極端なお話をしますと、お得なお金の使い方にはもっと冷静に考え、物を購入する必要があるのではないかと思う。これは人が何にお得を感じ、はたしてその判断が合理的なのか判断することで大きく損得が左右する。
まず、これは例えばよくあるのがスーパーのタイムセールや、期間限定商品のキャンペーンだ。これは、“少しでもお買い得に品物を手に入れたいのが人間”なのだが、この心理をうまく利用しているビジネスの手法だ。
果たしてこのキャンペーンは本当に我々にとってお得になるのか?というのをもう一度冷静に考えてみてほしい。例えばよく見かける光景の一つであるのが、卵の特売セールだ。通常は1パック180円の卵がこの日ばかりは1パック93円で売り出されている日がある。もちろん、たまたまその時に卵を必要としていて、近所の家から徒歩5分ほどの近くのスーパーに目的の卵だけを買いに行くのであればこれは本当にお得であり、お金を無駄なく使うという事になる。
しかし、本当にこれだけで済むのだろうか?
もしスーパーの距離が遠ければ無理をして卵のセールだけの為に貴重な時間とガソリンを使う価値があるのだろうか?所詮、目的の卵の得は差額の87円である。ここまでは誰もが気づいている所であろうかと思う。しかし考えてほしいのはこれから説明する部分だ。これはスーパーの販売戦略であり、我々顧客はまんまとその戦略にはまってしまっているのだ。
わかりやすく例えると、実際に卵を買いにいくと、「ここまできたのだから、ついでに他の必要なものも買っておくと一回で調達が済み、ガソリンも無駄にはならない」と思うことだろう。するとたいして安くもないものや、むしろ割高な者までも“ついで”に買ってしまうものだ。するとどうなるか?当初の目的であった差額87円のお得の為に、結果的にその何倍もの負債を支払ってしまっているのだ。これは極端な話、スーパー側は卵を50円の破格で赤字の販売をしたとしても、全体の売上にはなんら影響はなく、むしろ全体の売上はあがるのだ。たった数十円の破格値の商品を一つ作るだけで人は列を作り、お金を払っていくことになる。
これはほんの一例だが、われわれは本当にお得なものをお得に買える様に、冷静に考え直したいものである。

お金を好きになろう。借金をしない生活と向き合い方

今まではお金には本当に無頓着でいい加減な自分がいました。手元にお金があるだけ使ってしまい、お金がピンチになると親や兄弟に給料日に返すからと言って借りたり、またはカードに付属しているキャッシング機能を使って現金を借りたりもしていた生活でした。借金をすると人生を狂わす可能性があるので注意しましょう。

つまりお金に計画性がないので、欲しいと思うものを買ってしまい、食べたいとその時に思ったものを食べたいだけ食べるという暮らしでした。
またお付き合いも誘われたら断るタイプではないので、食事会や飲み会と毎月1~3回くらいのペースで参加していたので、交際費なども毎月バンバンと出費がありました。

普通はその月にお金が厳しいと分れば、勿論お付き合いを断るべきなのでしょうが、私の場合は借金してまでもその食事会や飲み会には参加していました。
しかしそんな時に、新しく出会った友人で、私と同じ年代で同じような暮らしレベル(夫の収入を含めて)がとても高価なものを身につけていて、一見すごくお金持ち風なのに、お付き合いすると至って我が家と変わらない暮らしなのに、なんだか無駄もなく、良い物を長く大事に使うという彼女のスタイルに一変の惹かれまいた。

段々と親しくなり、彼女の自宅へもお邪魔して生活費や自分の小遣いの話も出来るような関係瀬もできました。
そこで彼女からお金に関しての話をしてもらった時に本当に目からうろころでした。

とにかく無駄なものに対してお金は1円も使わない。
ごの逆で本当にこれは一生に近いほど自分の手元におけると感じたお金は惜しみなく使う。
買い物が行かず、食材は通販で徹底して無駄を省き、1円でも特売品を購入する。そして食べきるまで次は買わない。

そして何よりもお金を大好きだと公言して、1円も大事に扱う。
このような考えを持ってからは無駄はお金はお財布から出て行かなくなったり、お金も自分をすいてくれるようになるという話を聞かせてくれました。

それからは私もお金が大好きだと公言して、なるべく無駄(特に安物買いの銭失い)はしない様になりました。
まだお金の方から私に寄ってくる体験はしていませんが、このままお金が大好きだと公言して無駄をなくす努力をしたら、そんな日も近いと感じています。

はじめて投資したときに注意したこと

わたしは貯蓄は独身時代からきちんとしていましたし、保険に関しても年金型、疾病などなど結婚、出産とともにきちんとプランニングしてきたほうだと自覚しています。しかし、いざ、投資となると自社株の購入さえも一切してきませんでした。もともと、父親が投資に関しては株式投資やラップ口座などもろもろ行っていたので情報だけは耳に入ってきていたのですが正直、投資にまわす資金がないというところもあって、一切行ってきませんでした。
ところが、一時期、購入してすんでいたマンションを転勤で売却することになり、思わぬ
利益が出たこともあってはじめて株式投資をしてみようかということになりました。
父親に相談したところ、何よりもポイントになるのは投資金額とその目的です。私の場合、このマンションの売却益から教育費や何か不測の事態があった際の資金も差し引いた上での投資しか考えていませんでした。さらには短期での売買を見越した取引もまったく想定していなかったのです。長期保有でゆっくり見守る。そして、一番重きを置いたのは、生活密着型の銘柄への投資でした。たとえば、一番購入が多い流通株を購入して、年間購入金額に応じてキックバックをもらう、外食産業の銘柄を購入して食事券を株主優待券としてもらう、またはゴルフ場運営会社の銘柄を購入して、プレイ券を入手するといったところです。もちろん、配当も気にしていますが。これから株式投資を始める方々にお伝えしたいのは、資金に余裕がなければあまり無理をしないこと、そして当面の余裕があると思っていても何が起こるかはわかりませんので全ての資金は投入しないことというポイントです。あとの投資方針に関しては個人個人で変わってくるものですから。
株式投資に関しては実際に株式の口座をおこしてみて、投資してみなければ、わからないことはいろいろあるはずですのでまずは自分自身で経験してみることが何よりもスタートになると思います。

コツコツとお金を貯めましょう

貯金がないという人も多いと思われます。しかし、いざという時に頼りになるのはお金です。たとえば、病気や失業などで収入が途絶える可能性は、誰にでもあり得ます。そういった場合に、貯金があれば、心強いのです。
そのためには、毎月、少しずつでもいいので、貯金をするべきです。たとえば、ひと月あたり1万円でもいいので、貯金にまわすといいのです。そのためには、貯金の金額については、なかったものと考えてやり繰りするといいでしょう。そうすれば、気がついたら、まとまったお金が貯まっていたということになるのです。できれば、とりあえず、100万円を目標として貯めるといいでしょう。蓄えが100万円あれば、精神的にも余裕が生まれます。ただ、100万円が貯まったことに安心して無駄遣いをしてしまってはだめです。貯金というものも、ダイエットと同じで、リバウンドが怖いのです。あまりにも我慢が大きい生活だと、ふとしたことで無駄遣いに走ってしまい、いつの間にか貯金が減ってしまうことになるのです。こういったことにも気をつけながら、お金を貯めていくといいでしょう。
給料などが入ったら、すぐに貯金専用の通帳にお金を移すといいでしょう。また、ひと月に使う現金の上限も決めておくといいでしょう。こうすれば、お金を計画的に使うことにもつながります。そして、1週間に使える金額も見えてきます。週で区切ったり、食費や日用品などの種目で考えながら、予算を立てるといいでしょう。計画的にお金を使えるようになれば、貯金も増えていくのです。
さて、大きなお金が必要になることも、誰にでもあります。たとえば、自動車を購入する場合には、多くのお金が必要になります。また、家電などの費用も安くはないです。この時に大切なことは、安易にローンを組まないということです。自動車については、ローンを組んで購入すると、その利息の支払いも大きくなります。自動車を購入するためには、まず、お金を貯めて、現金一括で支払うことができるものを購入しましょう。今では、ローンなども気軽に組めるような状況にあります。しかし、欲しいものはお金を貯めてから購入することを心がけましょう。毎月、ローンの支払いに追われていては、お金は貯まらないのです。

電気代を節約したい!太陽光発電で元は取れる?

最近では家を建てる際に太陽光発電を設置する家庭が増えてきました。
家と太陽光発電のセットで安く購入できたり、家のローンと組みやすいのが理由の一つです。

その反面、家を建てたあと「太陽光発電をつけておけばよかった」と後悔する方も多くいらっしゃいます。
しかし今から太陽光発電を設置してお金の元は取れるのか?と心配になりますよね。

2016年度の売電価格は1kWあたり31~33円程度となっています。
2009年のころは1kWあたり48円だったのですが、年々下がっているのが現状です。

売電価格が高いときに、太陽光発電を検討しておけばよかったと思う方も多いでしょう。
しかし諦めるのはまだ早いです!

地域によって異なりますが、太陽光発電の設置費用は補助金がもらえるケースがあります。
例えば東京都府中市で4kWの太陽光発電を設置した場合、東京都と府中市の補助金は合計16万円も支給されます。

メーカーによって相場は異なりますが、4kWの太陽光発電だと大体45万円前後です。
実質29万円程度の自己負担で済みますので、かなりコストダウンになります。

この29万円分も最短で5年、長くても15年あれば元を取れると言われています。
太陽光パネルの寿命は20~30年と長いため、長期的な電気代節約が可能です。

夫婦共働きで日中家に居ない方だとなおさら、売電効率が上がります。
電気代を使用するより、売る方が断然お得です。

より早く元を取ることができるでしょう。
日中家に居る場合、電気を全く使わないケースに比べると売電効率は下がりますがじゅうぶん元を取ることは可能です。

しかし心得ておきたいのは、絶対に100%元が取れる保証がないということです。
まず一つ目は、太陽光発電の補助金は打ち切られる可能性があるということ。

二つ目に、売電価格が11年後どうなっているか分からないこと。
最後に太陽光パネルが、天災などの理由で故障する可能性があるということです。

修理をするとなると、数十万円の負担が必要になるケースもあります。
予期せぬ事態も含め、太陽光発電を検討したいものですね。