ストレスお金を貯めるには固定費を見直そう

お金を貯めることを考えるときに節約を考える人は多いでしょう。節約は少しでも安いものを買ったり、こまめに電気を消すことをイメージするかもしれません。しかし、これらは努力の割には節約効果はあまり期待できません。少ない労力で大きな節約効果を得ようと思ったら固定費を見直すことです。
固定費とは毎月必ずかかる支出のこと。具体的には家賃や保険料、通信費などです。固定費は見直すときには手間がかかりますが、一度見直せばその後は何もする必要がありません。例えば毎月20,000円払っていた保険料を見直して毎月10,000円に減らすことができたら、年間120,000円も節約できるんです。大変なのは見直すときだけで、その後は何もする必要はありません。非常に効果が高いんですね。次に具体的に見直していきたい支出を紹介します。
まずは保険料です。医療保険やがん保険はある程度の預貯金があれば加入する必要はありません。高額医療費制度があり、どんなに医療費がかかっても毎月支払う額には上限があるからです。生命保険も必要以上に加入している可能性があります。国民年金を収めていて、一定の要件を満たせば遺族年金を受け取ることができます。これを考慮に入れたり、働いて収入を得ることを想定すれば、保障額を見直すことができるでしょう。あくまでも保険は万一のために準備するもの。それで家計を圧迫してしまっては意味がありません。
その他では通信費なども見直すべき支出です。家族全員がスマートフォンを持てば、かなりの支出になります。4人家族で一人当たり月6,000円とすると、毎月24,000円、年間288,000円もかかります。これを格安SIMにして、一人当たり月3,000円に減らせれば、月12,000円、年間144,000円も節約できることになります。見直すときは少し大変だと思いますが、食費を節約することに比べればかなり大きい節約効果が見込めますよね。
このように固定費を見直すことで、少ない労力で大きい節約効果が期待できます。ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です