コツコツとお金を貯めましょう

貯金がないという人も多いと思われます。しかし、いざという時に頼りになるのはお金です。たとえば、病気や失業などで収入が途絶える可能性は、誰にでもあり得ます。そういった場合に、貯金があれば、心強いのです。
そのためには、毎月、少しずつでもいいので、貯金をするべきです。たとえば、ひと月あたり1万円でもいいので、貯金にまわすといいのです。そのためには、貯金の金額については、なかったものと考えてやり繰りするといいでしょう。そうすれば、気がついたら、まとまったお金が貯まっていたということになるのです。できれば、とりあえず、100万円を目標として貯めるといいでしょう。蓄えが100万円あれば、精神的にも余裕が生まれます。ただ、100万円が貯まったことに安心して無駄遣いをしてしまってはだめです。貯金というものも、ダイエットと同じで、リバウンドが怖いのです。あまりにも我慢が大きい生活だと、ふとしたことで無駄遣いに走ってしまい、いつの間にか貯金が減ってしまうことになるのです。こういったことにも気をつけながら、お金を貯めていくといいでしょう。
給料などが入ったら、すぐに貯金専用の通帳にお金を移すといいでしょう。また、ひと月に使う現金の上限も決めておくといいでしょう。こうすれば、お金を計画的に使うことにもつながります。そして、1週間に使える金額も見えてきます。週で区切ったり、食費や日用品などの種目で考えながら、予算を立てるといいでしょう。計画的にお金を使えるようになれば、貯金も増えていくのです。
さて、大きなお金が必要になることも、誰にでもあります。たとえば、自動車を購入する場合には、多くのお金が必要になります。また、家電などの費用も安くはないです。この時に大切なことは、安易にローンを組まないということです。自動車については、ローンを組んで購入すると、その利息の支払いも大きくなります。自動車を購入するためには、まず、お金を貯めて、現金一括で支払うことができるものを購入しましょう。今では、ローンなども気軽に組めるような状況にあります。しかし、欲しいものはお金を貯めてから購入することを心がけましょう。毎月、ローンの支払いに追われていては、お金は貯まらないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です